安心工事のお約束

徹底した品質管理

トータルの工事品質を高めるため
体制・教育・検査のそれぞれに配慮

  • 管理体制

    管理体制

    確かな工事のご提供を目指して
    ISO9001を業界で最初に取得

    お客様にご満足いただける工事品質をお約束するため、1999年に業界ではじめて工事部門においてISO9001の認証を取得。工事現場では毎回、使用するモノが変わるため、ISOに求められる標準化を実現することは非常に困難でしたが、当社は信頼いただける工事のために他社に先駆けて実施してきました。

  • 進捗管理

    進捗管理

    日々変化する状況を工程会議で
    共有して遅延を防止

    工事を滞りなく進めるためには、日々の進捗管理が重要です。当社では工事前に現場の全体工程を作業員全員で確認し、そのうえで日々の作業の状況がどうなっているのかを毎日現場でチェック。天候やトラブルなどの影響で遅延が発生した場合は、その都度進め方を見直し、工事に遅れが出ないよう努めます。

  • 講習会等

    講習会等

    お客様対応などを目的に
    現場代理人の講習を実施

    現場代理人とは、当社社長に代わり現場の全責任を預かる担当者です。日々、いろいろな事態が発生する現場で適切な判断が下せるように、居住者の皆様とのやりとりがきめ細かく行えるように、当社では現場代理人教育に注力しています。年4回の講習会では、現場管理に必要な視点や知識を随時共有しています。

  • 工事後の検査

    工事後の検査

    管理者による厳しい検査に加え
    女性検査員によるチェックも

    工事終了後に行う検査は、専門の技術者が厳しくチェックするだけでなく、生活者の視点を持つ女性検査員も交えて行っています。例えば、防水処理を行った端部に塗料の付着があるなど、工事品質には問題なくても生活する人から見れば気になる点を見つけ出し、丁寧にケアしていくことを目指しています。

  • アンケート

    アンケート

    生活者ご本人の厳しい目で
    仕上がりを確認いただいて対応

    本当に満足のいく仕上がりになっているかどうかは、一人ひとりの生活者ご本人に尋ねてみなければわかりません。当社側の品質チェックが終了次第、マンション各戸の皆様へアンケートをお配りし、各バルコニーの施工後の仕上がりについて厳しくご確認いただく期間を設け、ご意見に対応していきます。

  • 情報提供

    情報提供

    工事に関する情報はその都度
    掲示板で皆様にご連絡

    大規模修繕工事がはじまると、生活者の皆様も工事の進捗が気になることでしょう。とくにベランダの利用制限などに関する項目は必須です。当社はバルコニー作業などについてはカラーのチラシで各戸にご案内すると共に、エントランスに掲示板を設置し、工事の進捗や洗濯物情報などを毎日更新してお知らせします。